ポスト・ブラック・アートを代表するラシード・ジョンソンの日本初となる作品展示がエスパス ルイ・ヴィトンで開催

エスパス ルイ・ヴィトン東京は日本初となる、アメリカ人アーティスト、ラシード・ジョンソンの《Plateaus》(2014年)の展覧会「Plateaus」を開催する。

同展は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが所蔵する選りすぐりのコレクションを世界的に紹介する「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムで企画された。同プログラムは東京の他にミュンヘン、ヴェネツィア、北京、ソウル、大阪のエスパス ルイ・ヴィトンで展開されている。

ラシード・ジョンソンは、シカゴ美術館附属美術大学で写真を学び、2001年、初の写真作品シリーズが「ポスト・ブラック」と呼ばれるポスト公民権運動世代の一翼を担うものとして、米国で高い評価を得る。ポスト・ブラックは“黒人アーティスト”というだけで一括りにされることを拒み、アイデンティティの複雑な再定義を要求するクリエイター達で構成された。その後、2006年にニューヨークへと拠点を移す。活動内容は彫刻や絵画、ドローイング、映画、パフォーマンス、インスタレーションまで多岐にわたる。

「Plateaus」
会期:4月27日〜9月25日
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7階
時間:11:00〜19:00
休日:ルイ・ヴィトン 表参道店に準じる
入場料:無料

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREで、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有