「アディダス オリジナルス」から新コレクション「ブルーバージョン」が誕生 第1弾は“ブルーバード”のトラックスーツなど

「アディダス オリジナルス」は、新アパレルコレクション「ブルーバージョン」を9月15日に発売する。販売は、「アディダス」の直営店や公式オンラインストアなどで行う。ルックビジュアルは、撮影をフォトグラファーのピエール=アンジュ・カルロッティ、モデルを映像作家のガンナ・ボグダンとミュージシャンのダックワースが務めた。

「ブルーバージョン」は、ブランドのアーカイブにクチュールの要素や現代的なディテールを取り入れたコレクション。第1弾となる今回は、「アディダス オリジナルス」を象徴する鮮やかな青“ブルーバード”や黒を基調にしたアイテムを展開する。ブランドを代表するトラックスーツ“ベッケンバウアー”のウィメンズは、オーバーサイズのトップスに対して、パンツはスリムなシルエットで、馬具のあぶみに着想を得たディテールを採用した。“ベッケンバウアー”のメンズは、現代的なカッティングと高級感のある素材で仕上げている。トレンチコートは、大胆な切り替えやフットボールジャージのスポンサーロゴにインスパイアされたタイポグラフィが特徴で、スポーツウェアとクラシックなテーラリングを融合させた1着。そのほか、左右非対称になった“アシンメトリック トラックトップ”や、ウィンドブレーカーの機能性とスタイリッシュさを兼ね備えた“クオリティ ジャケット”など、セットパップで着用できるアイテムを用意する。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有