「グッチ」が最新コレクションで「バレンシアガ」を“ハッキング”したアイテムを発表

「グッチ」は4月15日、最新コレクションとなる「アリア・コレクション」を短編動画を通じて発表した。今回は「グッチ」創設100周年となる記念すべきコレクションで、デムナ・ヴァザリアがアーティスティック・ディレクターを務める「バレンシアガ」を“ハッキング”したアイテムも登場。「グッチ」と「バレンシアガ」のロゴが大胆にあしらわれたジャケットやパーカーのほか、バッグやアクセサリーなども披露された。

そのほか、「グッチ」の創業者であるグッチオ・グッチが創設前に働いていたサヴォイホテルをオマージュしたアイテムも見られた。

「グッチ」のクリエイティブ・ディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレは、「私は檻を破り、デムナ・ヴァザリアの厳格な反逆精神と、トム・フォードのセクシャルな 緊張感を奪い取りました。人間という存在を輝かせることに思いを巡らし、ファブリックの明るさを追求してきました。グッチのルーツである乗馬の世界をたたえ、ブランドの宇宙のような起源への愛着へと変容させました。マリリン・モンローのシルエットとハリウッドの黄金時代を昇華させてきました。そして、ブルジョワジーの気取りとメンズテーラリングの規範を打ち壊してきました」とコメント。

「グッチ」のこれまでの歴史への敬意をこめながら、新たな時代を創造していくというアレッサンドロの思いが込められたコレクションとなっている。

TOKION FASHIONの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYMOND MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有