「グッチ」新店舗が銀座・並木通りに4月29日オープン ヒグチユウコとの限定コラボアイテムも発売

今年でブランド創設100周年を迎える「グッチ」は、東京・銀座の並木通りに新旗艦店を4月29日にオープンする。銀座では2店舗目となる。並木通りは1964年に「グッチ」の展開が日本で初めてスタートした場所でもある。

同店は4フロア構成で、4月29日には1階と2階がオープン。メンズとウィメンズのウェアからハンドバッグ、ラゲージ、アクセサリー、シューズ、ジュエリー、ウォッチ、アイウェア、フレグランス、インテリアコレクションである「グッチ デコール」まで全カテゴリーをラインアップする他、プレシャスレザーで仕立てたハンドバッグや1点もののハイジュエリーも取り揃える。

オープンを記念して、日本人アーティストのヒグチユウコとの限定コラボアイテムを発売する。春の庭園をイメージしたアートワークは今回のためにヒグチが描き下ろしたもので、ハンドバッグやスモールレザーグッズ、ラゲージ、シルク、ウォッチ、シルク製品などにあしらわれている。また、アートワークは店舗のファサードにも飾られる。両者は今までに複数回のコラボレーションを重ねており、ヒグチは「記念すべきブランド創設100周年にオープンする、『グッチ並木』の壁画と特別なコレクションに作品を使っていただく名誉を誇らしく思います」とコメントしている。

今秋には、3階に「Gucci Apartment」と名付けられた完全予約制のフロアがオープン。オーダーメイドを受け付ける他、「グッチ デコール」の家具や室内装飾品を体感できるショールームとしての機能も担う。

年内には4階にレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」をオープンする予定で、イタリアのフィレンツェ、アメリカのロサンゼルスに続く世界3店舗目となり、ミシュランの3つ星を獲得しているマッシモ・ボットゥーラとフィレンツェ店のヘッドシェフであるカリメ・ロペスが共同監修を務める。

■「グッチ並木」
住所:東京都中央区銀座6-6-12
時間:11:00〜20:00

TOKION FASHIONの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYMOND MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有