イケアが初となる24時間オンラインイベントを開催 ヴァージル・アブローやケイトラナダら多数のゲストが参加

イケアは、初となる24時間のオンラインイベント「イケア フェスティバル」を9月16日15時(日本時間)にスタートする。配信は特設サイトを通して行い、誰でも無料で視聴できる。言語は基本的に英語だが、一部のプログラムでは日本語字幕も用意する。

「イケア フェスティバル」は、世界的な新型コロナウイルスの影響で在宅時間が長くなった人々の生活を豊かにするため、ミュージシャンやシェフ、デザイナーなどのクリエイターと協業し、世界 50ヵ国100以上の場所から配信を行う。プログラムは、ムーやニキをはじめとしたアーティストが自分の住む街やコミュニティを紹介した上でパフォーマンスする「マイホーム」をはじめ、ケイトラナダやロレイン・ジェイムスらが参加するDJリレー、世界中のキッチン訪問、ヴァージル・アブローといった過去のコラボレーターや世界中のイケアの店舗などが登場するニュースセクションなどを用意する。各プログラムの配信スケジュールは、特設サイトで順次公開する

「イケア フェスティバル」同日には、イケア・ジャパンの公式Instagramアカウントでもライヴ配信を行い、働きやすいワークスペースの作り方や朝食のレシピ、9月1日に発売したファッション・テキスタイルデザイナーのザンドラ・ローズとのコラボコレクションなどを紹介する。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有