「ドクターマーチン」×「ヘブン バイ マーク ジェイコブス」 クロコ型押しレザーが特徴的なシューズとブーツが登場

「ドクターマーチン」と「ヘブン バイ マーク ジェイコブス」は、コラボアイテム2型を9月9日に発売する。販売は、両ブランドの公式オンラインストアで行う。

「ヘブン バイ マーク ジェイコブス」は、昨年誕生した「マーク ジェイコブス」の別ラインで、最新シーズンはブルックリンを拠点とするデザイナー、アヴァ・ニルイが手掛けている。今回のコラボでは、「ドクターマーチン」のブーツが1993年の「マーク ジェイコブス」のランウェイに初登場したことに関連して、1990年代のノスタルジックな要素を現代的に解釈し、3ホールのシューズ(¥28,600)と8ホールのブーツ(¥37,400)を制作。両アイテムとも、アッパーはクロコ型押しレザーで、デイジー型のアイレットとシューレースのチャーム、そして黄色いステッチがアクセントになっている。また、ブーツのシューレースは長くとってあり、足首に巻きつけるようにして着用する。アウトソールには、タフな見た目ながら軽量で歩きやすい“1.9 インチクワッドネオテリックソール”を採用した。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有