「ジル・サンダー」のキャンペーンを手掛けたオリヴィエ・ケルヴェンヌの写真展がアイヴァン東京 ギャラリーで開催

「アイヴァン」は9月15日〜10月31日に、青山・骨董通りの旗艦店アイヴァン トーキョー ギャラリーでフランス人フォトグラファー、オリヴィエ・ケルヴェンヌの写真展を開催する。

今年3月にオープンしたアイヴァン 東京ギャラリーは、アイウェアを通して“カルチャーの情報発信基地”という役割をコンセプトに持ち、ギャラリーの機能も兼ね備えており、オープン後、初の写真展となる。同展はアーカイヴに加えて、今回のために特別に「アイヴァン」のアイウェアを撮り下ろした作品も展示。

オリヴィエは「ジル・サンダー」2020年春夏のキャンペーンを手掛けた他、「JIL SANDER PUBLISHING」から写真集を発表。モノクロを中心に光と影の対比と透明性、被写体との距離感などの調和を表現し、正方形のフォーマットで撮影し続けてきた。「アイヴァン」が、オリヴィエの写真が持つ、独特な“不確かさ”な世界観に惹かれて同展が実現した。

■オリヴィエ・ケルヴェンヌ写真展
会期:9月15日~10月31日
会場:アイヴァン 東京ギャラリー
住所:東京都港区南青山 5-13-2 1F
時間:11:00~20:00
休日:火曜
企画・協力:宇佐美陽平(BE NATURAL)

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有