「アディダス」からサステナブルな「ウルトラブースト」が登場

「アディダス」は、プラスチック廃棄物ゼロを目指した取り組みと、海に甚大な被害をもたらす海洋プラスチック汚染対策の一環として、4月22日から始まるアースウィークに合わせてサステナブルな技術・素材を採用した4種の新しい「ウルトラブースト」を発表・発売する。新「ウルトラブースト」は、それぞれ独自のイノベーションを搭載し、「地球の未来に貢献する」ためのアイデアが盛り込まれている。

本コレクションは「アディダス」オンラインショップ、「アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK」、「アディダス」ブランドコアストアにて順次発売を開始する。

「ウルトラブースト メイド・トゥー・ビー・リメイド」は、アディダスの考え方「Circular Loop」(循環のループ)に基づいた設計で、使い終えた後はシューズにあるQRコードをスキャンすることにより、簡単に再利用するために返却することができる。製品を履き古してゴミとして終わらせるのではなく、100%リサイクル可能な循環型技術を通じて新しい製品として生まれ変わらせ、過剰な生産を減らし、消費者とブランドの間に循環的で持続可能な関係をもたらすことを目指す。日本での発売日や販売方法は未定だが、4月22日より「アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK」にて特別に展示される。

そのほか、「パーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ」とのコラボした「ウルトラブースト」は、プラスチック製の漁網をリサイクルした素材を使用し、従来の機能とサステナビリティを両立させた。

「ウルトラブースト21 x パーレイ」は、前足部の屈曲剛性が向上しているだけでなく、サポート力と快適性の最適化をはかった。さらにアッパーには海岸や海沿いの地域で回収されたプラスチック製の漁網をアップサイクルして生まれたパーレイ・オーシャン・プラスチックを含む、リサイクル素材のプライムブルーを一部に使用したプライムニットを採用。

「ウルトラブースト 6.0 ディーエヌエー x パーレイ」は、アイコニックな「ウルトラブースト」のシルエットに、レイヤードマテリアル(多層素材)で作られたケージやヒールカウンターを採用。さらにアッパーにはパーレイ・オーシャン・プラスチックを含む、リサイクル素材のプライムブルーを一部に使用したプライムニットを採用。

また、アースウィークの最終日となる4月27日には女性用と男性用の2つの新たなクラシックデザインの「ウルトラブースト6.0 ディーエヌエー」を発売する予定だ。

TOKION FASHIONの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYMOND MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有