「テクニクス」とレコードショップ「WAVE」とのコラボ第2弾 Tシャツやレコードバッグなど

オーディオブランド「テクニクス」と「WAVE」の第2弾となるコラボアイテムが登場。 4月27日20:00から「WAVE」のオンラインストアにて発売する。

昨年6月に続く今回のコラボレーションは、「テクニクス」と「WAVE」による新しいグラフィックを使用したTシャツやレコードバッグを展開。価格 はTシャツが各¥7,150、バッグが各¥6,600となっている。

また、発売に合わせて 1990年代初頭、ヒップホップ・グループ「キミドリ」で活動後、さまざまなエレクトロニック・ミュー ジックの境界を彷徨いながら活動する1-DRINKによる「WAVE×Technics MIX」も 「WAVE」のオフィシャルサイトにて配信する。

「テクニクス」は1965 年誕生のパナソニックによる Hi-Fi オーディオブランド。1965 年発売のスピーカーシステム「Technics1」からスタートし、1970年には世界で初となるダイレクトドライブ型ターンテーブルを製品化、またその後、クラブDJにとってまさにスタンダードになったといえるターンテーブル「SL-1200シリーズ」のリリースなど、 DJ カルチャーをはじめ世界中のミュージックシーンの発展に貢献してきた。

一方の「WAVE」は1980~90年代を中心に“音と映像の新しい空間”としてカルチャーの発信基地のようにさまざまな文化を発信する存在だったレコードショップ。2019年11月に「MICRO WAVE」というサブネームをつけた kioskスタイルのショップを渋谷パルコ1階にオープン。

TOKION FASHIONの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYMOND MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有