「ルイ・ヴィトン」のアイコンバッグ“カプシーヌ”をアーティスト6人が再解釈 コレクション第3弾が発売

「ルイ・ヴィトン」は、「アーティーカプシーヌ コレクション」の第3弾を10月末に発売する。

「アーティーカプシーヌ コレクション」では、メゾンのアイコンバッグである“カプシーヌ”を白いキャンバスに見立て、国際的に評価の高いアーティストが再解釈する。第3弾となる今回は、グレゴール・ヒルデブラント、ドナ・フアンカ、ファン・ユーシン、ヴィック・ムニーズ、パオラ・ピヴィ、ゾン・ファンジーの6人が参加。

グレゴール・ヒルデブラントによる“カプシーヌ”は、白黒のスクリーンプリントを施し、“LV”ロゴはレコード盤をイメージしたデザイン。ドナ・フアンカのものは、緻密で力強いペイントをベースに、手描きが加えられた刺しゅうやリングピアスを施しており、手触りが良い一品になっている。ファン・ユーシンは、刺しゅうによって鮮やかで幻想的な風景を描いた。ヴィック・ムニーズは、浮き立って見えるだまし絵効果と遊び心あふれる美学をもとに、動物やファッションアイテムなどのモチーフによってポップな雰囲気に仕上げた。パオラ・ピヴィは、ヒョウの周りに複雑なレザーの象がん細工と金箔をあしらった。ゾン・ファンジーは、フィンセント・ファン・ゴッホの自画像を再解釈し、70万針以上の刺しゅうで仕上げた。いずれのバッグも全世界200個限定で、価格は各¥1,072,500。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有