「ティファニー」がビヨンセとジェイ・Zを起用したムービーを公開 『ティファニーで朝食を』の主題歌をカバー

「ティファニー」は、ビヨンセとジェイ・Zを起用したキャンペーン「アバウト ラブ」のムービーを公開した。撮影は、映画監督のエマニュエル・アジェイが務めた。

「ティファニー」はキャンペーンを通して、恋い焦がれる気持ちや再会、そして時空を超えた絆のラブストーリーを表現していく。ムービーでは、建築家ゾルタン・パリが設計したロサンゼルスのオルム・ハウスという邸宅を舞台に、ビヨンセが映画『ティファニーで朝食を』の主題歌「ムーン・リバー」を歌い、その姿をジェイ・Zがスーパー8カメラで撮影するという、2人の親密な様子を描く。またムービー内には、「ティファニー」を象徴するダイヤモンドをはじめ、「ジャン・シュランバージェ」や「ティファニーT」コレクションなど、さまざまなジュエリーが登場。中でも、ジェイ・Zが着用するカフリンクスは、「ジャン・シュランバージェ」のブローチ“バード オン ア ロック”を職人が仕立て直した特別な一品になっている。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有