「庵野秀明展」が国立新美術館で今秋世界初開催 過去〜最新作品の脚本や原画、ミニチュアセットなども展示

『エヴァンゲリオン』シリーズや映画『シン・ゴジラ』などを手掛ける庵野秀明の創作活動に迫る「庵野秀明展」が、10月1日〜12月19日に東京の国立新美術館で開催される。自身にとって世界初の展覧会になる。

本展は庵野のアニメーター時代に参加した過去作品や、監督・プロデューサーとして活躍する最新の仕事までを網羅。自身の原点となったアニメや特撮作品の貴重な原画やミニチュアなどをはじめ、アマチュア時代から現在までの直筆の膨大なメモやイラスト、映像作りに欠かせない脚本や設定、イメージスケッチ、画コンテ、レイアウト、原画、ミニチュアセットなど、多彩な制作資料を余すところなく展示する。

総監督を務めた最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は公開95日間で動員569万人、興行収入86.9億円を突破している。

■庵野秀明展
会期:2021年10月1日(金)~12月19日(日)
会場:国立新美術館
住所:東京都港区六本木7-22-2
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休日:火曜(祝日の11月23日は開館)

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有