富田望生がコスメブランド「オサジ」のルックモデルとして登場 “GETTING READY”がテーマ

日東電化工業が運営するコスメブランド「オサジ」は2021年秋冬メイクアップコレクションを発表。そのルックモデルとして俳優の富田望生(とみた・みう)を起用し、話題となっている。

新作コレクションのテーマは“GETTING READY”。完成形に到達する直前の、まだ何かが足りていない、だからこそ美しい、 そんな瞬間を切り取ったという。「リップバーム」(新2色)、「アイシャドウスティック」(新商品)、「プレストパウダー」(新商品)、「フィックスミスト」(新2種) をラインアップする。

ブランド担当者は、「どんな肌質、どんな顔立ちのひとであっても。本来そこにある個性を引き出し、美しさへとさりげなく進化させていく。『オサジ』が考えるメイクアップは『添えることで、魅力を増幅させるもの』。 いつもの自分の延長に新しい表情を発見する、大人にこそ似合うニュアンスカラーです」とコメントをよせる。

今回のコレクションは、8月25日から伊勢丹新宿店本館地下2階ビューティーアポセカリー店、「meeco」(三越伊勢丹公式EC)、「イセタンミラー」全店(「ekie広島」店は除く)で先行販売を行い、9月1日から一般販売を行う。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有