「ザラ」からダイアン・ケンダルが監修した「ザラ ビューティー」がローンチ 世界的フォトグラファーがキャンペーンを撮影

「ザラ」から世界的メイクアップアーティストのダイアン・ケンダルが監修した「ザラ ビューティー」がローンチされる。5月12日にヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日 に中国と日本で販売を開始する。日本では、「ザラ」新宿店と公式サイトで販売。また、発売と同時に公式サイトでバーチャルテスティングのサービスがスタートし、一部の店舗ではビューティ専用エリアも設けられるなど、総合的なビューティショッピング体験を提供する。

「ザラ ビューティー」は肌の色や性別、年齢、そしてスタイルを問わず、誰もが使いたくなる、個性を尊重した美の概念に新しい風を吹き込むようなトータルメイクアップコレクションを目指し、長い月日をかけて開発された。各製品は、高品質な成分、クリーンな製法、詰め替え可能なパッケージで作られている。

今回のコレクションでは、世界的メーキャップアーティストであるダイアン・ケンダルの監修のもと、アイメイク、リップ、フェイス、ネイルを展開、130色以上のカラーバリエーションがそろう。このメイクアップコレクションは、スペインのチームとニューヨーク在住のダイアンとの間で、1年以上に渡りオンラインを通して開発された製品となっている。

また、世界的な写真家のスティーブン・マイゼル、デイビット・シムズ、マリリン・ミンター、オリバー・ハドリー・ピーチ、ゾーイ・ガートナー、クレッグ・マクディーン、ナディーン・イジャウェ、マリオ・ソレンティ、ファビアン・バロン、の9人によるキャンペーンビジュアルが、それぞれの世界観で広大なカラーパレットの無限の可能性をとらえている。

アイテムのラインアップは、リップが、「アルティマットリップスティック」(全14色)、「カルトサテン リップスティック」(全8色)、「ティントバーム リップスティック」(全5色)、「スティレットデミマットリップスティック」(全10色)、「ナリッシング ジェリー リップオイル」(全4色)、「ベルベット ピグメント リップグロス」(全4色)で、価格は¥1,190〜2,290。アイメイクは、「アイシャドウ/ 6色入り」(全5種)、「アイシャドウ/ 2色入り」(全9種)、「メタルフォイル ルース ピグメント」(全4色)、「アイライナー」(全1色)で、価格は¥1,590〜3,590(レフィルを除く)。フェイスは、「チークカラー/ 3色入り」(全3種)、「ブロンザー」(全9色)、「ブラッシュ」(全9色)、「ハイライター」(全2色)で、価格は¥1,590〜3,590(レフィルを除く)。ネイルは、「ネイルポリッシュ」(全39色)で価格は¥1,190。そのほか、「ブラシ」も6種(価格は¥1,190〜2,590)展開する。

「誰もが手に入れたいと思うものを作る」

ダイアンは「私は『ザラ』から『ザラ ビューティー』のクリエイティブ・ディレクションを任された時、誰もが手に入れたいと思うものを作るチャンスだと思いました。『ザラ』が常に数多くの人々に支持されているように、私も同じく大きなビジョンをビューティ界にももたらしたいと思いました。クリーンな製法で詰め替え可能な、そして誰もが手に取りやすいコレクションを作りたかったのです。仕上がりにも大変満足しています。このような遊び心やカラーバリエーション豊かでありつつも、クリーンな製法で高品質な成分を使用したプロダクトは、今までに見たことがなく、私がさまざまな人々のメイクアップをクリエ ーションした経験の中で最も重要だと信じていることを称えています:”There is NO BEAUTY, only BEAUTIES (美の基準は一つではなく、多様性にあふれている)”ということです」とコメントする。

TOKION BEAUTYの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYMOND MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有