パリ発のサステナ香水「メゾン マティン」が日本に本格上陸 8月27日から「ノーズショップ」で販売開始

2019年パリで設立し、素材からパッケージまでサステナブルな香水作りを行うブランド「メゾン マティン」が、8月27日に日本へ本格上陸する。同日から、「ノーズショップ」の渋谷、池袋、横浜、大阪、およびオンラインストアでの取扱いを開始する。ラインアップは、9種のオールドパルファム(各50mL、各¥13,200)のほか、それぞれの香りが楽しめるディスカバリーセット(2mL×3種のセットが¥4,290、2mL×9種のセットが¥8,030)もそろえる。

「メゾン マティン」は、パリのクリエイティブカンパニーで働いていたマリー・ケルーとアーチュ・ポンロアによって、創設されたニッチフレグランスメゾン。工業製品的なものづくりではなく、自分達らしい新たなフレグランスづくりの追求を目的に、天然原料を中心に製品づくりをしており、主成分のアルコールはオーガニック麦由来の原料を使用。収益の一部が選ばれた世界中の慈善団体に売り上げの一部が寄付されるほか、外装にプラスチックフィルムを使わずにリサイクル段ボールを使用し、リサイクル素材のキャップを活用するなどしてゼロ・プラスチックを目標に掲げ、生産時のゴミの減量やリサイクルにも取り組んでいる。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有