「グッチ」の新フレグランスが誕生 マイリー・サイラスをキャンペーンモデルに起用

「グッチ」は9月8日、新フレグランス「グッチ フローラ ゴージャス ガーデニア オードパルファム」を発売する。さらに全国発売に先駆け、伊勢丹新宿本店 本館1階のフレグランスコーナーでは、9月1日から先行販売を行う。

「グッチ フローラ ゴージャス ガーデニア」は、太古の昔からその美しさを称えられ、不老不死薬や魔法の薬にも用いられたと言われているホワイトガーデニアを中心に構成された喜びに満ちあふれた“フルーティ フローラル”の香り。華やかなホワイトガーデニアを、温かみのあるジャスミングランディフローラムアブソリュートや快活なペアブロッサムアコードブレンド、さらにブラウンシュガーアコードが、ほのかな甘さを感じる余韻を描く。

ボトルは、ラッカー仕上げのピンクのガラスボトルと光沢のあるゴールドのキャップを組み合わせた美しいオブジェのようなデザイン。ボトル中央には、クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレの手によって生まれ変わった、「グッチ」のアイコニックなフローラモチーフを施している。また、洗練されたリブ加工紙を採用したアウターボックスにも、この生まれ変わったフローラモチーフが、たっぷり描かれており、喜びに満ちた幻想的な世界を表現している。

新フレグランスの広告のキャンペーンモデルをつとめるのは、数々のプラチナレコードセールスを誇るアーティスト兼ソングライターのマイリー・サイラス。日本のアニメにインスパイアされたというペトラ・コリンズが監督・撮影を担当した広告キャンペーン「#FloraFantasy」は、キャンディーピンクに彩られた世界を巡る旅で、ポップな要素に満ち溢れた世界となっている。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有