香水「バイレード」の新作「ヤング・ローズ」が発売 ビジュアルは中国人写真家のレスリー・チャンが担当

「バイレード」は新しいオードパルファン「ヤング・ローズ」(100mL、¥ 31,460)を9月2日に発売する。

「バイレード」のファウンダー兼クリエイティブディレクターのベン・ゴーラムは、「新しい世代には、先駆者達の偉業を超えていくという、エモーショナルな仕事があります。未踏の領域に果敢に挑み、新しい表現を見つけて育てることが、新しい世代の役目です。『ヤング・ローズ』は、そんな若者の精神を称えるものです」とコメントする。

「ヤング・ローズ」の香りは、トップがシーシュアンペッパー、アンブレットシード、ミドルがダマスクローズ、オリス、ベースがムスク、アンブロクサンで構成されている。

「ヤング・ローズ」のキャンペーン写真は、28歳の中国の写真家であるレスリー・チャンとコラボレートして制作。チャンは、千年前の詩を、若い恋人達の身体に浮かび上がらせ、その恋人達の身体の動きは、互いを愛する想いを想起させる。昔も今も薔薇が咲くように、その象徴性は少しも揺らぐことがない。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有