「フット ザ コーチャー」が新作サイドゴアブーツ2モデルを発売 スタイリッシュで上品な仕上がり 

シューズデザイナー竹ヶ原敏之介が手がける「フット ザ コーチャー」から新たにサイドゴアブーツ「ブリティッシュサイドゴア」(¥70,400)と「ライトニングブーツ」(¥74,800)の2モデルが登場した。サイズは25~27.5cm(0.5cm刻み)を展開し、新宿伊勢丹メンズ館6階のほか、全国の取扱店舗で9月から順次販売を行う。

「ブリティッシュサイドゴア」は伝統的なサイドゴアブーツから極力切り返しを省き、ミニマルに再構築。 無駄を省くことで素材の良さが引き立ち、スタイリッシュなラインを強調する。適度な伸縮性を持つエラスティックが柔らかく足首を包み、ソールには軽量かつ屈曲性に優れたイタリア「Vibram®」社製の“GLOXI CUT”を採用することで、 見た目に反して軽快な履き心地を生み出す。

一方の「ライトニングブーツ」はサンダー型のエラスティックが特徴的なサイドゴアブーツ。 ヒールを高めに設定したラストを使用することで、上品な佇まいに仕上っている。ヒール部分にはグリップ性と耐摩耗性を兼ね備えた“STAR PAWTM”を採用している。

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREで、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有