大橋裕之原作の映画『ゾッキ』が「アンダーカバー」とコラボ 竹中直人が監修

大橋裕之による原作の映画『ゾッキ』は劇場公開にあたり、「アンダーカバー」のコラボTシャツの受注販売を行う。コラボTは監督を務めた竹中直人が監修し、原作のグラフィックを配したデザイン3種、それぞれ白と黒の計6アイテムで展開する。価格は各¥7,000。受注期間は、4月2日11時から4月11日20時までとなっている。

購入できるのは、「アンダーカバー」のオフィシャルオンラインストアのほか、「アンダーカバー」の一部店舗(青山、仙台、名古屋、金沢、京都)、そして映画『ゾッキ』展となっている。商品は5月下旬に渡される予定だという。 

映画『ゾッキ』は、漫画家大橋裕之の幻の初期作集「ゾッキ A」「ゾッキ B」を原作にし、竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人が監督として共同制作をした作品。4月2日から全国公開となった。

TOKION FASHIONの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYMOND MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有