漫画「もしも東京」展が開催 松本大洋、浅野いにお、石塚真一など20人の漫画家が参加

漫画「もしも東京」展が8月4日から9月5日まで、東京都現代美術館で開催されることが決定。入場無料の事前予約チケットの受付を開始した。

漫画「もしも東京」展は、『ピンポン』『Sunny』の松本大洋、『ソラニン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の浅野いにお、『岳 -みんなの山-』『BLUEGIANT』の石塚真一をはじめ、日本を代表する20人の漫画家が“東京”をテーマに描き下ろした20の作品を展示するアートプロジェクト。漫画家が制作した20点の「もしも東京」作品は、“読む東京、歩く漫画”をコンセプトに、東京都現代美術館の地下2階講堂や中庭など、館内のパブリックスペースも含め展示され、点在する展示作品を巡るように鑑賞する新しいカタチの漫画展となっている。

描き下ろし新作漫画作品の一部イメージ 松本大洋『東京の青猫』©松本大洋
描き下ろし新作漫画作品の一部イメージ 浅野いにお『TP』 ©浅野いにお
描き下ろし新作漫画作品の一部イメージ 石塚真一『Tokyo Sound』 ©石塚真一
描き下ろし新作漫画作品の一部イメージ 大童澄瞳『East East』 ©大童澄瞳

地下2階講堂では、松本大洋の『東京の青猫』、浅野いにおの『TP』をはじめ、18の小部屋の中の1つ1つが、漫画家の描いた「もしも東京」の世界になっている。中庭の壁面には、石塚真一の巨大な1コマ漫画作品『Tokyo Sound』が、展示。水の敷かれた屋外スペースには、大童澄瞳の『East East』が展示される。

■参加漫画家
浅野いにお、安倍夜郎、石黒正数、石塚真一、市川春子、岩本ナオ、太田垣康男、大童澄瞳、奥浩哉、小畑友紀、黒田硫黄、咲坂伊緒、出水ぽすか、萩尾望都、昌原光一、松井優征、松本大洋、望月ミネタロウ、山下和美、吉田戦車

■漫画「もしも東京」展
会期:2021年8月4日~9月5日
会場:東京都現代美術館 地下2階講堂、中庭、水と石のプロムナード
住所:東京都江東区三好4-1-1 木場公園内
時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休日:月曜日
※8月9日(祝・月)は開館、翌8月10日(火)が休館。
※東京2020大会開催期間中の月曜日は開館となり、8月30日(月)は開館。
入場料:無料、講堂内のみ事前予約制
https://mangamoshimotokyo.jp/

■事前予約チケット制度を導入
新型コロナ感染防止対策の観点から、本展覧会は事前予約チケット制度を導入。チケットは、アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」にて、来場時間帯を選択し、予約ができる。地下2階の講堂の展示は予約完了時に送られてくるQRコードを会場で確認できた方のみ鑑賞可能となっている。
事前予約サイト:https://artsticker.app/events/646

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有