『攻殻機動隊 SAC_2045』のデザインを手掛けたイリヤ・クブシノブが個展を開催

アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを手掛けたことでも知られる、イラストレーターでアーティストのイリヤ・クブシノブによる個展“CRYSTALLINE”が、東京・原宿の「アニコリミックス ギャラリー」で開催される。会期は9月1~26日で、入場には事前予約が必要となっている。 

展示タイトルの“CRYSTALLINE”には、「あなた自身が輝いて!」「夢を結実させて!」「自分自身を大切に!」「自分の宝物を大切に!」というメッセージが込められている。 作品に表されているコントラストは、虹(=希望)、彩り、立体性・立体感を強調し、まるで暗闇のように思えるこの現代社会の中で「もっと光り輝くことの大切さ」「美しさを感じて欲しい」と言っているかのよう。透明感、瑞々しさがあり、現代の妖精のような女性のイラスト作品を展示。SNSで公開してきた人気イラストから新作イラストまでおよそ60点のオリジナル作品で構成する。

また、個展の開催を記念して「アトモス」プロペラ通り店で、販売企画を開催。作品の展示から、 Tシャツ、ポスター、クリアファイルなど限定グッズの販売する。こちらは、9月1日から12日までの開催となっている。

イリヤ・クブシノブ
イラストレーター。 1990年生まれ、ロシア出身。 SNSで定期的に作品を発表して人気を集め、 フォロワー数は、Instagramは197万、 Twitterは50万。 2014年から日本を活動拠点とし、 2016年には初画集『MOMENTARY』(パイ インターナショナル)を発売。 2019年公開の原恵一監督作品『バースデー・ワンダーランド』ではキャラクターデザインをはじめ、美術設定を担当して多くの反響を呼んだ。また、『攻殻機動隊 SAC_2045』ではキャラクターデザインを担当。現在、自身の夢であるアニメーション監督を目指しながら、イラスト・アニメ業界で活動中。
Instagram:@kuvshinov_ilya
Twitter :@Kuvshinov_Ilya

■イリヤ・クブシノブ個展“CRYSTALLINE”
会期:2021年9月1~26日
会場:アニコリミックス ギャラリー
住所:東京都渋谷区神宮前4-28-18 カトル・バン原宿B1
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)※完全予約制
休日:毎週月曜日
https://www.anicoremixgallery.com/exhibition/kuvshinov-ilya-crystalline-2021/

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREとRAYARD MIYASHITA PARKのコンセプトストア「TOKiON the STORE」で、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有