【追記】「レディメイド」デザイナーの細川雄太による初個展が開催 アーティストとしての一面を体感

【追記】緊急事態宣言の影響で会期が6月8〜26日に変更になりました。

「レディメイド」「セントマイケル」のデザイナー細川雄太は、初となる個展「-YES-」を6月8日から「カイカイキキギャラリー」で開催する。今回の個展では、服飾デザイナーやクリエイターとして活動している細川のプロダクトに用いられる“洋服のデザインとしてのグラフィック”ではなく“アートピースとしてのグラフィック”に焦点を当て、制作。そして、それらアート作品の制作は、大阪を拠点とする細川と、密なLINEでのやり取りやサンプル素材、モックアップの行き来などを経て、すべてカイカイキキの三芳工場で行った。本個展では、3Dデータによるコミュニケーションから出てきた立体作品も展示されるなど、細川のアーティスティックな一面をより身近に体感できる内容となっている。

細川は、アパレルブランド「レディメイド」のデザイナーとしてデビュー。ヴァージル・アブローも注目し、アメリカから日本へ逆輸入されて瞬く間に「ストリートラグジュアリー」のトップランナーとなった。2020年には、ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィットとの共同プロジェクトとして、新たなブランド「セントマイケル」をローンチするなど、世界から注目を集める日本人デザイナーだ。

展覧会の開催にあたって村上隆は、「細川雄太さんは、3年ほど前から僕の図案を使った衣類を作ってくれたり、とても上手に僕とコミュニケーションを取ってくれました。 僕はそもそも、あまりコラボレーションが好きではなく……『そんなはずあるかい』と思うかもしれないですが、とにかく人とコミュニケーションするのが大嫌いなんです。ただ、クリエイターに良い感じで言い寄られると、逆にすぐに胸襟を開いてしまうという癖がありまして。だから、クリエイター仲間からコラボをふわっと依頼されると、ビジネス抜きにやってしまうことがホントによくあって、自分でもなんだか嫌になります。ですが細川さんとは、本当に気心が合って楽しくやらせてもらっていました」とコメントする。

■YUTA HOSOKAWA SOLO EXHIBITION「-YES-」
会期:2021年6月8~26日(※会期が変更になりました)
会場:カイカイキキギャラリー
住所:東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1F
時間:11:00~19:00
休日:日曜、月曜、祝日
入場料:無料
http://gallery-kaikaikiki.com

TOKION ARTの最新記事

author:

TOKION EDITORIAL TEAM

2020年7月東京都生まれ。“日本のカッティングエッジなカルチャーを世界へ発信する”をテーマに音楽やアート、写真、ファッション、ビューティ、フードなどあらゆるジャンルのカルチャーに加え、社会性を持ったスタンスで読者とのコミュニケーションを拡張する。そして、デジタルメディア「TOKION」、雑誌、E-STOREで、カルチャーの中心地である東京から世界へ向けてメッセージを発信する。

この記事を共有